高等専門学校生のための奨学金

  1. TOP
  2. 高専生

高等専門学校の学費は、大学等に比べれば少ないのが特徴です。
しかし、金額自体はけっして安いものではなく、現状では、多くの家庭の負担となっています。
そんなときに支払いの役に立つのが奨学金です。
以下に、高等専門学校生がもらえる奨学金を分類しましたので、紹介します。

国立高専機構の奨学金

国立高専機構

国立高専機構が独自に実施する「貸与型」または「給付型」の奨学金があります。

国・地方公共団体の奨学金

就学支援金(参考:文科省HP

学校の「授業料」の支援金です。
年収が約900万円以下の家庭を対象に、国から返済不要の支援金がもらえます。
高等専門学校への入学時に、学校の案内の通りに申請します。
国からの支援金が授業料の一部に充当されます。

奨学のための給付金(参考:文科省HP

授業料以外の「教育費」の支援金です。
高専生がいる低所得世帯を対象に、都道府県から返済不要の給付金がもらえます(年間で数万円〜十数万円)。
学校を通じて都道府県に申請します。
都道府県ごとの手続き方法はこちらからどうぞ(お問合せ先一覧)

その他の公的な奨学金

日本学生支援機構

日本学生支援機構(JASSO)による「貸与型」の奨学金です。
無利子の第一種奨学金と、有利子の第二種奨学金とがあります。

株式会社日本政策金融公庫

いわゆる国の教育ローンです。
利子があるため、世帯年収の条件はゆるくなっています。

公益財団法人日本教育公務員弘済会

給付型および貸与型の奨学金(無利息)を実施しています。
全国の都道府県に窓口となる支部があります。
都道府県ごとの申請窓口を知りたい方はこちらからどうぞ(お問合せ先一覧

生活福祉資金
社会福祉協議会が実施する奨学金です。
低所得の世帯を対象に、無利子で、就学等に必要な費用を借りられます。
都道府県ごとに窓口がありますので、こちらからご覧ください(社会福祉協議会HP)

あしなが育英会

あしなが育英会が実施する「貸与型」の奨学金です(無利子)。
病気や災害、自死などで親を亡くした子、あるいは親が重度後遺障害で働けない子を支援しています。

交通遺児育英会

交通遺児育英会が実施する「貸与型」の奨学金です(無利子)。
保護者等が交通事故が原因で、死亡あるいは障害のため働けなくなった学生に奨学金を貸与しています。

民間団体の奨学金

公益財団法人似鳥国際奨学財団

18歳以下で、日本国内の高等専門学校(本科)の1~5年に在籍予定の者を対象に、給付型奨学金を支給しています。

このほかにも、財団法人、社団法人、株式会社など、さまざまな団体が奨学金を提供しています。
入学前に高校で申請して予約しておくものと、入学後に学校の窓口から申請するものとがあります。
奨学金を希望する場合は、団体から案内が届いていないかどうかを高等専門学校に問い合わせてみましょう。
なお、別の記事で給付型の奨学金をくれる団体を紹介していますので、参考にしてください。

返済不要の奨学金をくれる団体

都道府県や市町村の奨学金

住んでいる場所により受け取れる奨学金があります。
参考のため、都道府県ごとに奨学金をまとめています。

北海道・東北ブロック
北海道青森岩手山形秋田宮城福島
関東甲信越ブロック
新潟群馬栃木茨城長野埼玉神奈川東京山梨千葉
中部ブロック
富山石川愛知三重福井静岡岐阜
近畿ブロック
和歌山京都大阪兵庫滋賀奈良
中国・四国ブロック
岡山広島山口鳥取島根愛媛高知香川徳島
九州・沖縄ブロック
福岡佐賀大分熊本長崎宮崎鹿児島沖縄

進学に必要な奨学金

さらに学びを深めたいという方のため、専門学校や、大学進学の奨学金についてまとめています。

進学を検討している方は、参考にご覧ください。

専門学校に進学するための奨学金

 大学に進学するための奨学金 

参考に:通信制の大学や短大

通学するタイプに比べて、通信教育の場合、学費が抑えられる場合があります。
このように実質的にお得になる学校を別の記事にまとめています。

通信制の大学や短大の一覧をみる