教育ローンを借りられる金融機関

  1. TOP
  2. 教育ローン

家庭で教育費用を捻出できないときの対処方法としては、学生本人が借りる「奨学金」が一般的です。

ほかにも、保護者が借りる「教育ローン」がありますので、以下に紹介します。

教育ローンは利子がありますが、入学前でも振り込まれる点や、高額な金額が借りられる点がメリットです。

国の教育ローン

日本政策金融公庫

最高350万円まで、固定金利で借りられます。
受験前でも申込み可能で、日本学生支援機構の奨学金と併用もできます。
以下に紹介する民間のローンよりも利率が低いので、350万円以下で足りるのであれば、こちらを選べば問題ありません。
インターネットでの申込みにも対応しています。
なお、沖縄県の場合は、沖縄振興開発金融公庫が実施しています。

公的な教育ローン

ろうきんの入学金融資制度

労働金庫(ろうきん)が実施する教育ローンです。
日本学生支援機構の「入学時特別増額貸与奨学金」を予約した学生を対象に、入学初年度に必要な費用を融資しています。
入学前に、最大50万円の資金を借りられます。
ただし、返済は、「入学時特別増額貸与奨学金」+「利息」を一括で返済する必要があります。

民間の教育ローン

代表的な教育ローンの実施会社を紹介します。

JAバンク

最大500万円借りられます。高校、高専、短大、大学、専修学校等に必要な入学金や授業料などの学費に利用できます。

三井住友銀行(無担保型)

最大300万円借りられます。学校、塾、予備校等に納付する資金や、他金融機関で借入中の教育ローンの借り換え資金にも利用できます。なお、有担保型もあります。

楽天銀行

一般大学の場合は最大500万円、医学・歯学・薬学系の場合は最大1,000万円までの借入が可能です。すべての申込み手続きがWebで完結します。

みずほ銀行

最大300万円借りられます。教育関連資金全般および他金融機関等の教育ローンの借換資金に利用可能です。

イオン銀行

最大500万円借りられます。幼稚園〜大学院まで、さらには予備校等の学校に納付する資金などに利用可能です。

住信SBIネット銀行

最大1000万円借りられます。中学〜大学までの教育費や自己啓発資金などに利用可能です。ネットのみで手続きが完結します。

近畿ろうきん

最大1000万円借りられます。近畿2府4県に居住または勤務している場合に利用できます。

りそな銀行

通常は最大500万円まで、医学部・法科大学院であれば最高1000万円まで借りられます。幅広い教育費用に利用可能です。